【長与千種連載11】「結婚する」とウソをついて引退

2014年12月24日 12時00分

引退試合で飛鳥(左)から花束を受ける長与。超満員札止めの横浜アリーナが号泣した
長与千種 レジェンドの告白(11)

 最近のプロレス界では「レインメーカー」という言葉が華やかに踊っている。「金の雨が降る」という意味では、クラッシュギャルズはまさに「レインメーカー」だった。

 全女はクラッシュで数十億円、あるいはそれ以上稼いだと思う。ブームの始めだった1985年7月には、目黒区の一等地に自社ビルを建てて道場と事務所を新装した。何千万もするクルーザーまで買った。松永一家は、とにかく稼いだお金を次から次へと使いまくった。だって2億円出して秩父の山を丸ごと買っちゃうんですよ! もう「あっぱれ」と思うしかないぐらい稼いだお金を使っていた。その後、投資に力を入れすぎて会社は傾いていくのだけど…。

 クラッシュの2年目に会社が「特別ボーナス」として1000万円を用意してくれた。目の前でそんな現金を見ても現実味はわかない。私は「これほどのお金があるなら、後進育成のために貯蓄しておいてください」と断った。デビューからの4年間は試合も組まれずとてもつらい思いをして、先輩に食わせてもらった時期があったからだ。でもためてはくれませんでしたね(笑い)。

 私自身、世間で思われているほどは稼いではいない。最高時で年俸3000万~4000万円ぐらいだったろうか。お金の管理は姉(一二三さん=57)に任せた。人気が出始めた時期から隣り合わせで住んでもらっていた。だからお金が足りなくなった時は姉に「何万円ちょうだい」とお願いした。生活レベルが上がっても、金銭感覚は身の丈を超えるものではなかった。

 自分で稼げるようになってまず最初に、保証倒れを起こした父親の借金の残額を返し始めた。これが約8000万円。考えれば父と母は出稼ぎで私たちに仕送りしながら、わずか4~5年で2000万円ほどを返済していたことになる。それってすごいよね。本当に働き者の両親だった。しばらくは仕送りも断られていたほどだ。お金は家族のために使い、浪費はほとんどなかった。

 大村には立派なお墓を建てた。父は分家だったので長与家にはお墓がなかったから。それと地元のお城に火の見やぐらが建てられることになったので、200万円寄贈したりもした。でもなぜか私の名前は彫ってない。一番最初に上らせてくれてもよかったと思うんだけど(笑い)。

 松永一家は金遣いは荒いけど憎めなかった。会長(故松永高司氏)はプロレスラーとしての恩人だから。引退試合が終わった時なんか、久しぶりに控室に飛び込んできて涙目で「ありがとう…」と言う。「今までお疲れさま」って言ってくれるのかなあ、とこちらもしんみりしたら「ありがとう千種。今日の上がりは2億円になった」って。久しぶりにコケましたよ(笑い)。

 会長はよく「小さな星をつかめる人間はたくさんいる。だけど大きな星をつかめる人間はひとりしかいない」と言っていた。私は長い間、それは北斗晶のことだと思っていた。北斗も自分のことだと思ってたらしい。でも会長が亡くなる直前に旅行に連れて行ってあげたり親身にしてあげていた北斗が、後に教えてくれた。「違ったよ、チコさん。会長が『あれは千種だ』って」。感極まるものがあった。

 89年になるとそんな「レインメーカー」に対して、会社は露骨な肩叩きをしてきた。「次のシリーズからポスターでの扱いが小さくなるから」という。要するに若手の踏み台になれというわけだ。「25歳定年」には「その時期になると会社に意見を言うようになるから」という理由があることも分かってきた。会社が「さよならクラッシュ」というシリーズを半年ぐらい組んで、日本全国で儲けようという魂胆であることは見えていた。

 冗談じゃない。1989年2月、私は「好きな人ができたので結婚する」とウソをついて引退を申し入れた。そして5月6日、全女初の横浜アリーナ大会で引退する。この年の8月に飛鳥も引退。クラッシュの時代は完全に終わりを告げた。