• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > <ディック東郷のワールドツアー第16戦>『インディーサミット』に出場

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<ディック東郷のワールドツアー第16戦>『インディーサミット』に出場


12月3日。

アメリカ(フィラデルフィア)で開催された『インディーサミット』に出場!
この大会は、インディー4団体(DDT、大日本、FREFDOMS、K-DOJO)の合同興行。会場となったのは、聖地アサイラムアリーナ(旧ECWアリーナ)。

自分は「DDT提供マッチ」として、KUDO、マサ高梨と3WAYで対戦。
俺がリングに上がると、会場からは嬉しい『トーゴーコール』が。コール時には、アメリカでは珍しい紙テープまで飛んだ。お客さんの歓迎ぶりに気分良くゴングを待つ。
リング上のKUDOはKO-Dチャンピオンとしての自信に満ち溢れていた。3WAYにも関わらず、しきりに俺を挑発。高梨は無視かっ!(笑)
約4ヶ月ぶりに戦ってみて、KUDOが格段に強くなっていたことを実感した。
高梨は、自分の引退ロードと同時期にケガで長期欠場していたから、戦うのは本当に久しぶり。
今は、完全復活して、コンディションも良さそうだった。結果はKUDOが高梨に勝利!

夜8時からは、CZWの興行を観戦!お客さんは超満員。
かなり、ハードなデスマッチが続き、お客さんは大興奮!
しかし、あまりにも目を覆いたくなる光景に、「いつか死人が出るのでは・・・」という危機感を覚えた。
俺のお気に入りの選手である、サミー・キャラハンは今日も最高の試合を見せてくれた。
それにしてもこの大会、全10試合もある。
メインの金網の準備を始めたのが0時。30分後に金網設置が完了し、メイン終了が深夜1時!!
ありえない…。

日本ならクレームが出そうな時間だが、お客さんは満足気に帰っていった。帰り際に、ファンの人にCDを貰った。
CDのタイトルを見ると「no more good days」、、、

ワールドツアー中に、なんて縁起の悪いタイトルなんだ(笑)

長い1日だったが、久しぶりの日本人選手との再会もあり、楽しい1日だった

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
園田クイーンセレクション(18日、園田競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

熱き2時間バトルでパチンコとパチスロの王者が決まった!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!