全日最強タッグ今夜6日優勝決定戦

2014年12月06日 16時00分

 全日本プロレスの「世界最強タッグ決定リーグ戦」は5日の名古屋大会で前年覇者のジョー・ドーリング(32)、諏訪魔(38)組が4勝目を挙げて勝ち点8とし、潮﨑豪&宮原健斗、曙&吉江豊と並びトップに立った。大阪・ボディメーカーコロシアム大会(6日)の優勝決定戦ではリーグ戦1位と2位が激突。5日時点では前出の3チームに7点の秋山準&大森隆男、6点のゼウス&The Bodyguardまで優勝のチャンスがある。6日の公式戦最終戦では諏訪魔組VS潮﨑組、曙組VS秋山組の直接対決が残っており、それぞれ最終戦に勝てばメーンのV決定戦進出となるが、果たして…。