新日&テレ朝が新配信サービス開始

2014年12月02日 16時00分

999のポーズを取る(左)から坂口相談役、テレビ朝日・角南取締役、木谷オーナー、棚橋、真壁、オカダ

 新日プロとテレビ朝日は1日、新配信サービス「新日本プロレスワールド」のスタートを発表した。

 

 同サービスは月額999円(税込み)で、1月4日の東京ドーム大会をはじめとした同団体の主要大会、過去45年分のアーカイブ動画、オリジナルドキュメンタリーなどが無制限で視聴できるというもの。同局の角南源五常務取締役は「テレビ朝日主導のSVOD(定額制動画配信)は初の試み。成長事業の柱と位置づけております」と宣言した。

 

 また新日プロの木谷高明オーナーも「興行以外で一番やりたかったこと」と悲願の新サービス完成に感激。同様のサービスは今年1月に米国WWEが「WWEネットワーク」をスタートさせており、加入者数は約70万人といわれている。木谷オーナーは「リングの中は新日本が一番。いいところをドンドン表に出していけば、あっという間に差は縮まる」と期待を寄せた。

 

 会見には棚橋弘至、真壁、オカダ・カズチカの主力選手も出席。棚橋は「皆さんの側にプロレスがあってほしい。それがこういう形で実現してくれてうれしい」と話し、目標に加入者数100万人を掲げた。