12・26激突 華名が王者・朱里の再生を公約

2014年11月25日 16時00分

朱里の再生に乗り出す華名

 REINA世界タッグ王者・華名(33=フリー)が23日、REINA女子のエース・朱里(25)を再生させることを予告した。

 

 華名と中島安里紗(25=JWP)は20日の新木場大会でタッグ王座争奪トーナメントを制し、新王者になった。

 

 発言権を強化したことで同団体のコンサルタントも務める華名はこの日、団体を通じてコメントを発表。

 

「数少ないファンたちの憩いの場になってるやおまへんか。ほかのお客さんたちが入りづらい環境が生まれ、選手たちも数少ないお客さんたちに対して試合をしたり、仲良くなっていく。もう業界に対しての貢献なんて、ないに等しくなりますわな」と団体の姿勢を痛烈批判した。

 

 さらに選手たちの覇気のなさも問題点に挙げ、まずはトップである朱里の再生に着手することを決意。「頭の中まで筋肉でできているから、簡単に事を運びやすい。ただ怒らせればええだけやから」とせせら笑った。

 

 12月26日の後楽園ホール大会で朱里が持つREINA世界シングル王座に挑戦する華名は、同王座戦で宿敵をよみがえさせる構えだ。

 

「テーマは『薄暗くてぼんやりした中で、特定のファン相手にもぞもぞと宗教じみた興行からの脱却』。ますます面白くなる予定ですのでご期待ください」

 

 華名の手腕に期待がかかかりそうだ。