リングスで活躍したハンス・ナイマンさん射殺

2014年11月07日 09時35分

銃で撃たれ亡くなったハンス・ナイマンさん

 リングス・オランダの中心選手として1990年代に活躍した格闘家ハンス・ナイマンさんが5日(日本時間6日)夜、オランダ・ベーフェルヴァイクのジムの前で車に乗っていたところを何者かに銃で撃たれ亡くなった。55歳だった。現地のメディアが伝えたもので、犯人はまだ逮捕されていない。

 空手出身のナイマンさんは91年から格闘王・前田日明が主催するリングスで活躍。クリス・ドールマン率いるリングス・オランダの中心選手としてディック・フライらとともに多くの名勝負を生んだ。00年1月にはPRIDEにも出場して藤田和之と対戦している。

 昨年3月には金原弘光引退興行(後楽園ホール)で鈴木みのると対戦。約8年ぶりの実戦は2R1分52秒、アキレス腱固めで敗れた。近年はジム経営に専念して後進の指導に当たっていた。

 

※詳報は本日(7日)発行紙面で

 

昨年3月、鈴木みのると対戦したナイマンさん(後楽園ホール)