昭和は死なん! CIMAがツインゲート奪取

2014年11月03日 16時00分

Eita(中)に合体技を決めるCIMA(上)とGamma

<ドラゴンゲート2日・大阪大会>ツインゲート統一タッグ選手権は挑戦者のCIMA(36)、Gamma(41)組がT―Hawk(24)、Eita(23)組を撃破。第33代王者組に輝いた。

 

 決戦前には兵庫・淡路島で海中トレーニングを敢行するなどコンディションも整え闘志むき出しの挑戦者組は、リング上でも躍動する。Eitaに対しCIMAがスワンダイブ式メテオラ、Gammaがスカイツイスタープレスを決め主導権をガッチリ握った。

 

 その後は王者組の反撃にさらされながらもEitaへのトカレフ同時発射で再び攻勢。Gammaスペシャルのアシストを受けたCIMAがクロスファイヤーからメテオラを炸裂させ、同コンビとしては2010年3月以来4年半ぶりのタッグ王座を2人の地元・大阪でつかみ取った。

 

 平成生まれコンビを打ち破り、ベテラン軍の健在ぶりを証明したCIMAは「俺らの今日の試合にかけるものが上回った。ウォークマンで(カセットテープの)A面B面を聞いていたファンに言いたい! 昭和は死なない!」と豪語。ゾンビ…いや不死鳥のごとき復活劇を勝ち誇った。