【AEW】クリス・ジェリコがWWEを解雇されたサモア・ジョーにラブコール

2021年05月05日 15時17分

クリス・ジェリコ

 米オール・エリート・レスリング(AEW)のCEOアドバイザーに就任したクリス・ジェリコ(50)が4日(日本時間5日)、WWEを4月15日に解雇された元US王者サモア・ジョー(42)に参戦コールを送った。米国の一部メディアが報じた。

 重職に就いたジェリコは、ジョーについて「彼はとても優秀なヘビー級レスラーだ。ジョーとケニー・オメガ、そしてジョーとクリス・ジェリコの試合が実現すれば、彼はより大きなビッグマネーを手にできるんじゃないか」と語っている。

 ジョーは4月28日に公開された米インパクト・レスリング7月のPPV大会「スラミバーサリー」の最新プロモーションビデオに、名前など字幕抜きのフラッシュ映像で登場している。

 WWEとの契約期間が満了し、他団体への出場が可能となった際に〝サモアの怪人〟はどの団体を主戦場として選択するのか、注目となってきた。

関連タグ: