【ストロングスタイル】初代タイガーがリング〝復帰〟「気持ち良かったです」

2021年04月22日 21時14分

リングであいさつした初代タイガーマスク

 22日に「ストロングスタイルプロレス」を主宰する初代タイガーマスク(63=佐山聡)の40周年記念大会第1弾が後楽園ホールで行われた。

 1981年4月23日のダイナマイト・キッド戦で初登場。その40周年を翌日に控えたこの日、初代虎は第3試合終了後にしっかりした足取りでファンの前に登場した。

 現在は原因不明の病と闘っており、リングに上がるのは2019年9月19日の後楽園ホール大会以来となる。しかし、ブランクを感じさせない様子でマイクを持つと「この前まで調子が良かったんですが、2、3日前に藤原敏男に会ったら、そのストレスで悪くなってしまいました」とタイガージョークを炸裂させて「日本から世界に、最高のプロレスをつくっていきますのでよろしくお願いします」と意気込んだ。

 会場の大型ビジョンではスタン・ハンセンや長州力、藤波辰爾からの40周年祝福メッセージが流される一幕も。リングを下りる際には花束贈呈を行った山崎一夫氏と和田良覚レフェリーの頭部を〝手すり〟代わりにして笑いを取ることも忘れなかった。

 その後リングに上がった感触を「やっぱり気持ち良かったです。(体調には)波があって、今日は良くない日に当たってしまいました。でも、だんだん良くなっている。コーナーに上がることを目指してやっていきたい」。虎の復活に期待だ。

関連タグ: