ゼロワンの至宝奪回へ!大谷が船木に挑戦

2014年08月16日 16時00分

ようやく初防衛戦が決まった船木

 W―1は15日、9月6日の大阪・ボディメーカーコロシアム第2競技場大会で、世界ヘビー級王者の船木誠勝(45)に大谷晋二郎(42=ゼロワン)が挑戦すると発表した。

 

 7月の戴冠後、初防衛戦が組まれなかった船木は「WRESTLE―1チャンピオンシップ」初代王者決定トーナメント(9月21日の金沢大会で開幕)に世界ヘビー級王座をかけ、優勝した暁には両王座を“統一”する計画を示唆。その前にベルトを管轄するゼロワン社長でもある大谷が、至宝奪還に動くことになった。

 

 船木は「“ゼロワンの長”が出てきたということは、一発勝負でタイトルを取り戻す考えとみました。しかも、こちらのホームリングに乗り込んでくるとのこと。この勝負、絶対に負けられません。必ず防衛させていただきます」とコメントした。