ツインゲート王座挑戦の望月「王者組のアゴ折る」

2014年08月15日 16時00分

王者組にアゴの破壊を通告した望月

 17日のドラゴンゲート大田区総合体育館大会でオープン・ザ・ツインゲート統一タッグ王座に挑戦する望月成晃(44)が14日、王者組にアゴの破壊を通告した。

 

 ドラゴン・キッドと組み、T―Hawk、Eitaの若き王者組に挑戦する望月は、決戦前から勝利を確信している。王者組は同じユニット「ミレニアルズ」に所属するU―Tのアゴを望月組が骨折させたことに怒り心頭で、やたら感情的になっているからだ。

 

 望月は「アイツらは実力も上がっているけど、感情論の勝負だったら俺の方が上」と経験豊富なベテランならではのポイントを強調。「お返しにアゴを骨折させてやる」と挑発を受けているが、涼しい表情だ。

 

「向こうが『折るぞ』って言っても、お前らにそんな技があるかよって話。何なら俺がまとめてアゴを折ってやる。若い君らは未来があるぶん、1年くらい欠場しても大丈夫だぞ。ワハハ」と神経を逆なでするような言葉を口にした。確かに打撃戦ならば蹴りを得意とする望月に分がある。

 

 王者組と挑戦者組がそれぞれ「アゴを折る」と予告した物騒な王座戦。大田区決戦が風雲急を告げてきた。