神取・藤原組長・ダンプ組が元クラッシュ長与・天龍・堀田組と激突

2014年08月13日 18時52分

長与(左)と神取の対戦がついに実現

 LLPW—Xは13日、「ミスター女子プロレス神取忍生誕半世紀イベント SUPER LEGEND〜伝説から神話へ〜」(10月11日、東京・両国国技館)の対戦カードを発表。事前にファン投票で募った、“主役”神取忍(49)が出場するメーンは、神取、ダンプ松本(53)、藤原喜明(65)組対天龍源一郎(64)、長与千種(49)、堀田祐美子(47)組の6人タッグマッチに決定。“ミスター女子プロレス”が熱望した長与とのタッグでの対戦が実現した。

「二度と見られないカードにしたかった」。そう話す神取は、自ら最も対戦を望み、ファン投票でも最多数だった長与を口説き落とすため、会場や事務所、飲食店や病院とあらゆる場所に出没しラブコールを送った。「もうストーカーだよ! でも絶対に大会を成功させたいからね」

 6月に右肩を手術し、リングに上がることなど考えてもいなかった長与も、熱意に押され了承。「神取のためにも、女子プロレス界のためにも、この大会がいい弾みになれば。自分のイベントという気持ちで100%、200%で臨みたい」と意気込んだ。