さらに遺恨深まった桜庭とみのる

2014年08月11日 16時00分

 IQレスラー・桜庭和志(45)と性悪王・鈴木みのる(46)との遺恨が大炎上した。

 

 桜庭は6人タッグ戦で鈴木に執拗に狙われ、最後はロープ越しの裸絞めを決められる。鈴木がレフェリーを投げ飛ばし、反則勝ちを収めた後も場外で激しくやり合い、お互いにノーコメントで引き揚げた。

 

 2000年8月のPRIDE10でヘンゾ・グレイシーに勝利して以来、約14年ぶりとなる西武ドーム白星を挙げた桜庭だが、後味の悪い結末となってしまった。