征矢はプレゼント攻勢でまんまとW-1入団成功

2014年08月10日 16時00分

武藤社長(左)と握手を交わす征矢

 ワイルド野郎・征矢学(29)のW―1入団が、急転直下で決定。所属選手限定の「WRESTLE―1」初代王者決定トーナメント(9月21日・金沢大会で開幕)にもエントリーされた。

 

 やはり二兎を追わないと二兎は得られない。これまで船木誠勝(45)への入団直訴や、事務所への履歴書持参など“つきまとい行為”を重ねてきた征矢。本人は「W―1を盛り上げるため」と言うが、実際はトーナメント参加権欲しさなのは言うまでもない。

 

 会見した武藤敬司社長(51)は「個人的には入団には賛成してなかったけど、どういう根回しをしたのか。意外と選手、社員の後押しがあって…」と困惑気味。突然の決定に解せない様子がありあり。

 

 当然これにはウラがある。征矢はカズ・ハヤシ(41)に「娘さん用の運動靴」、田中稔(41)に「プロテイン」、浜亮太(34)に「知り合いの店のビール飲み放題券」などプレゼント攻勢を展開。海外遠征中の中之上靖文(28)や吉岡世起(26)には「武藤さんは俺を入れたがっている」とデマを吹き込み、外堀を着々と埋めていたのだ。

 

 まんまと入団に成功した征矢は「社長はああ言ってましたけど、ホントはうれしいんじゃないですか。なんせ誕生日も血液型も一緒だし、社長が今年デビュー30周年なら僕は生誕30周年。照れてるだけですよ」と、してやったりの表情だった。

 

 ちなみにトーナメントの優勝候補について武藤社長は「河野(真幸=34)かな。でも船木とTAJIRI(1回戦=9月22日・後楽園ホール)で勝ったほうが、そのまま行くかもしれない」と分析。征矢の「そ」の字も出てこなかった。