G1決勝進出のオカダ 中邑とCHAOS同門対決へ

2014年08月09日 16時00分

みのる(下)にダイビングエルボーを見舞うオカダ

<新日G1(8日・横浜大会)○オカダvsみのる●>新日本プロレス真夏の祭典「G1クライマックス」は8日、横浜文化体育館大会で公式リーグ戦最終日を迎えた。Bブロックはオカダ・カズチカ(26)がAJスタイルズ(36)とのマッチレースを制し突破を果たした。この結果、優勝決定戦(10日、西武ドーム)はAブロックを制した中邑真輔(34)とのCHAOS同門同士によるドリームマッチが2年ぶりに実現することになった。

 

 Bブロック首位のオカダは、最終戦で地元横浜出身の鈴木みのると激突。

 

 前の試合で同点首位のAJスタイルズが白星だったため、決勝に進むためには勝利が絶対条件。みのるの性悪殺法に苦戦を強いられながらも、ゴッチ式ツームストーンパイルドライバーを発射し攻勢を築く。最後はドロップキックからのレインメーカーで、AJとの直接対決を制しているオカダが中邑の待つ決勝の舞台へたどり着いた。オカダは「中邑さんが勝ち抜けたのは試合前に分かってましたから。ここで僕が負けられないなっていう思いはありましたね」と振り返った。

 

 マネジャーの外道が「今世紀最大のマッチアップ」とうそぶく大一番は、オカダ自身が開幕前から熱望していた通りの展開だ。オカダにとって中邑は、2年前に敗れたまま雪辱を果たせていない相手。「2年たって、どっちがより成長したかですね。借りを返してないのも、中邑さんだけですし」と、最高のシチュエーションで実現する夢対決に目を輝かせた。

 

 オカダと、そしてファンが待ち望んだ頂上対決。西武ドームに、カネの雨は降り注ぐのか――。