みのるG1敗退「話しかけるな!」

2014年08月07日 16時00分

みのるはアンダーソンにまさかの敗戦で脱落

<新日本プロレス「G1」高松大会(6日)>Bブロックで唯一3敗で、オカダ、AJを追っていた鈴木みのる(46)は、伏兵カール・アンダーソン(34)にまさかの敗戦を喫し、決勝進出の可能性が消滅した。

 

 場外でのイス攻撃をはじめとした性悪殺法を繰り出したが、数々の苦難を乗り越えてきたポルノスターの元ヒモらしいアンダーソンの粘りに苦戦し、なかなかスリーパーホールドに捕獲できず。背後に回ったところでカウンターのガンスタンを浴び、痛恨の3カウントを奪われた。不機嫌極まる性悪男は、報道陣に「俺に話しかけるんじゃねえ」と殺気をまき散らした。