ファレ 棚橋に続いて柴田狩り

2014年08月05日 16時00分

柴田(左)を圧倒するファレ

<新日「G1」名古屋大会(4日)○ファレvs柴田●>IWGPインターコンチネンタル王者のバッドラック・ファレ(32)が3強の一角・柴田勝頼(34)を撃破し首位の座から引きずり降ろした。

 

 初対決となった柴田と打撃戦を展開したファレは、ロープ際でフロントハイキックを浴び場外へ吹き飛ばされる。だがここで息を吹き返すと、エプロンサイドでグラネードを発射し柴田のみを場外へ。カウントが進む中でリングに戻ろうとする柴田をラリアートで再び場外へ突き落とし、リングアウト勝ちを収めた。

 

 棚橋(28日、仙台)に続いて柴田からも白星を挙げたファレは3敗をキープ。元「新闘魂三銃士」に連勝し、8日横浜大会で最後の一人・中邑をも破れば逆転の決勝進出も見えてくる。首位から勝ち点2差でピタリ追走するファレが不気味な存在となってきた。