73歳ドリー健在!スピニングトーホールドでギブアップ奪う

2014年07月28日 16時00分

渕にスピニングトーホールドを決めるドリー(左)
渕にスピニングトーホールドを決めるドリー(左)

<全日27日・後楽園大会>PWF会長のドリー・ファンク・ジュニア(73)が昨年10月の両国大会以来、9か月ぶりに登場した。

 

 6人タッグ戦に出撃したドリーは、世界タッグ王者の大森隆男とエルボースマッシュを打ち合い、往年の必殺技スピニングトーホールドで渕正信をギブアップさせた。大「ドリー」コールを受けたレジェンドは「オールジャパンファン。アナタの温かいご支援、誠にありがとうございます」と日本語で感謝の言葉を送った。