【AEW】東京女子・伊藤麻希が電撃参戦! タッグ戦快勝で会場もネットも大騒ぎに

2021年03月08日 21時24分

電撃参戦を果たした伊藤麻希(©All Elite Wrestling)

 まさかのサプライズだ。7日(日本時間8日)に米フロリダ州で行われたAEWのPPV大会「REVOLUTION」で、東京女子プロレスの伊藤麻希(25)が、ブリット・ベイカー(29)のパートナーとして電撃的に登場。会場を「伊藤ちゃん」色に染め上げた。

 脚を負傷したリバ(42)に代わって伊藤が姿を現し、日本と同じく「Brooklyn The Hole」を歌いながらリングインすると、場内からは大歓声が沸き起こった。

 この日は日本のリングでも活躍したサンダー・ロサ(34)、里歩(23)組と対戦。ロサのエルボー連打で号泣するも、逆にロサの足を踏みつけ中指を立てると、実況席も大盛り上がりとなる。

 さらに世界一かわいいナックル、こけしを叩きこみ、里歩にはハーフボストンクラブ、一本足頭突きと大暴れする。最後はリングサイドのリバが松葉づえでロサを一撃し、ベイカーが丸め込んで勝利。ベイカーとともに中指を立てながら勝ち名乗りを受け、笑顔をはじけさせた。

 先月にはAEW女子世界王座への挑戦権をかけた日米トーナメントに出場し、AEW行きへの思いを強めていた矢先のサプライズ参戦。ネットでも「マジかよ??」「マキ・イトーが出たならお金を出した価値があった」と海外ファンからの反響も大きかっただけに、今後の展開が注目される。

関連タグ: