裕二郎がNEVER王座強奪!バレットクラブが新日のヘビー級全王座独占

2014年06月30日 16時00分

NEVER無差別級王座を奪取した裕二郎

【新日本29日・後楽園大会】NEVER無差別級選手権は、挑戦者の高橋裕二郎(33)が石井智宏(38)を撃破した。

 

 第4代王者に輝くと同時に、極悪軍団「バレットクラブ(BC)」が新日プロのヘビー級全王座独占に成功した。

 

 裕二郎は5月の福岡大会でCHAOSを裏切りBC入り。因縁の王座戦は15分過ぎから両軍のセコンドが入り乱れての大乱戦となる。

 

 再度リング上で石井と一騎打ち状態になった裕二郎は、20分過ぎから猛攻を開始。ラリアート、東京ピンプスと得意技を連射し攻勢に出る。最後はマイアミシャイン(変型スラム)で、CHAOS最後のトリデ・石井を王座から引きずり降ろした。

 

 これでBCはIWGPヘビー級、インターコンチネンタル、IWGPタッグに続いて4つ目のタイトルを獲得。すっかりBC色に染まった裕二郎は試合後のバックステージで何故か得意げに英語でしゃべり始め、受けた報道陣も「何だコイツは?」と耳打ちし合うしかなかった。ともあれヘビー級タイトルを完全制覇したBCの勢いは本物。マット界の「石原軍団」が、新日プロを完全制圧しそうだ。