KENTA WWE入団内定!

2014年06月28日 16時00分

WWE入りが内定したKENTA。悲願の世界進出だ

 元ノアの蹴撃戦士・KENTA(33)のWWE入団が内定。日本公演最終日となる7月12日の大阪・舞洲アリーナ大会のリング上で発表されることが27日、明らかになった。KENTA自身も来場する予定で、同大会に参戦する超人ことハルク・ホーガン(60)との“合体シーン”も期待される。

 

 いよいよKENTAが世界へはばたく。

 

 米国マット関係者の話を総合すると、WWEはこのほどKENTAとの契約を完了。日本公演(7月10、11日・両国国技館、12日・舞洲アリーナ)へ向けて、近日中にも正式発表される見込みだ。

 

 しかも最終戦となる大阪大会にはKENTA自身が来場し、リング上からファンに入団を報告する可能性もあるという。早ければ7月中旬にも渡米の予定で、まず若手育成ブランド・NXTでキャリアをスタート。実績を残した上でメジャーのロウかスマックダウンへ参戦となりそうだ。

 

 KENTAは4月いっぱいでノアとの契約を満了。5・17後楽園大会では丸藤正道との名コンビを再結成して中嶋勝彦、杉浦貴組を撃破。ノアラストマッチを勝利で飾っている。その後は沈黙を貫いて充電期間に入っていた。

 

 この日、本紙の直撃に対してKENTAは「現時点でお話しできることは何もないです」と慎重に話した。

 

 それでも「来るべき日へ向けてしっかりトレーニングは続けています」とWWEへの出撃態勢を整えていることを明かした。

 

 大阪大会では豪華なハプニングも期待できる。7年ぶりの来日となる超人ホーガンとの“合体”だ。超人は11日両国と12日大阪に参戦。日本を「第2の故郷」と公言してはばからないホーガンだけに、日本人大物ルーキーの入団を、自ら祝福する可能性も高い。

 

 さらにはノアに参戦していたワイアット一家のエリック・ローワン(ソルーフ)、セザーロ(クラウディオ・カスタニョーリ)ら現スーパースター勢との再会にも期待が集まる。

 

 いずれにせよ大阪決戦から、KENTAが夢の大舞台に第一歩を踏み出すことになりそうだ。