猪木氏がスピンクスさん追悼「あちらでもアリ選手たちと楽しく語らっていることでしょう」

2021年02月08日 15時00分

異種格闘技戦で戦ったスピンクスさんと猪木(1986年)

〝燃える闘魂〟アントニオ猪木氏(77)が8日、5日に死去したボクシングの元WBA&WBC世界ヘビー級統一王者レオン・スピンクスさん(享年67)に追悼のメッセージを寄せた。

 猪木氏は「レオン・スピンクス選手の訃報を聞き、心から哀悼の意を表します」としたうえで「私の生涯のライバルであるモハメド・アリ選手から王座を奪った選手ということで他の選手とは違う意識がありました」と振り返った。

 1986年10月9日の新日本プロレス両国国技館大会では、3分12ラウンド(R)の異種格闘技戦でスピンクスさんと対戦。8Rに猪木氏が勝利した。

 さらに猪木氏は「67歳での若き逝去が残念でなりません。良い旅立ちとなることを心から願っております。あちらでもきっとアリ選手たちと楽しく語らっていることでしょう。さようなら、レオン・スピンクス」と故人をしのんだ。

関連タグ: