杉浦が今度は田中将斗に大仁田スパイ容疑

2014年05月31日 16時00分

 お前もクロか…。ノア31日ディファ有明大会で森嶋猛、マイバッハ谷口組のGHCタッグ王座に挑戦する杉浦貴(44)が30日、相棒・田中将斗(41)のスパイ疑惑に言及。タッグ2冠がかかる弾丸ヤンキースは決戦直前に亀裂が入った。

 

 懲りないにも程がある。

 

「田中将斗も越中詩郎同様、大仁田(厚)の回し者だったのか。実は最近『大仁田さんが大仁田さんが…』とやたらうるさく、おかしく思ってたんだ。俺は悲しい…」

 

 杉浦は決戦24時間前、パートナーが邪道のスパイだと指摘したのだから、穏やかではない。

 

 事の発端は29日に開催された「冬木弘道追悼興行」(6・18後楽園ホール)の会見にある。杉浦が以前から「大仁田のスパイだ」と指摘していた越中は大仁田との対戦が発表され、大激怒。大仁田と乱闘騒ぎを起こしたが、大仁田を必死に止めたのが会見に同席していた田中だった。人を信じることができない杉浦は、この騒動を3人による“ヤラセ”と受け取り、疑心暗鬼に陥ってしまった。

 

 杉浦と田中はNWAインターコンチネンタルタッグ王座も保持しており、翌1日のゼロワン後楽園大会では関本大介、橋本和樹組との初防衛戦も控える。

 

 そんな大事な時期に杉浦は「ノーマーシーではKENTAに裏切られ、今後は田中将斗。もう誰も信じられない。俺はノイローゼだ。全部、越中詩郎が悪い」とふさぎ込むありさま。相棒からあらぬ疑いをかけられた田中の胸中は察するに余りある…。