新日が不倫トラブルのレスラー処分へ タイチ「このまま引退したい」

2014年05月29日 12時38分

引退をほのめかしているというタイチ

 新日本プロレスの所属選手・タイチ(34=本名・牧太一郎)が交際女性とのトラブルを理由に、同団体から処分されることが28日、発表された。

 公表はされていなかったがタイチは既婚者。同時にファンの女性とも交際していたという。そこまでなら単なる浮気話に過ぎなかった。ところが交際女性がタイチとの抱擁、キス写真、さらには無料通信アプリ・LINE上での濃厚な文面をネット上にさらしたため、ネット上で大きな話題となっていた。それを受けた新日本プロレス側がホームページ(HP)上で公式に謝罪。これによってさらに騒動を知る人が増えてしまったという顛末だ。

 新日プロ側は公式HPに「昨日来、一部ネット上に流布している当社の専属契約選手であるタイチ選手の件で、ファンの皆様、及び、関係者の皆様に、ご心配をおかけいたしました事、お詫び申し上げます。当社として、ただちにタイチ選手に事実関係を確認したところ、本人の一連の軽率な行動により相手方を含め、関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけした事について、深く反省しております。当社と致しましては、今後、さらに詳細な事実関係を調査・確認の上、タイチ選手に対し、然るべき処分を行いたいと考えております」と掲載。処分は解雇、謹慎欠場、減俸などが検討されている。

 単に浮気がバレただけでなく、事細かなプライバシーが世間に公開されたタイチ本人は関係者に「このまま引退したい…」とほのめかしているという。


 処分は新日プロ首脳陣とタイチ本人が話し合い、近日中にも下される見込み。選手の女性関係トラブルには慣れている新日プロ側も、近年のツイッター、フェイスブック、LINEなどの普及で、会社の商品である選手とファンが、いとも簡単に直接やり取りができてしまう状況に危機感を示している。