伊東竜二 故郷のAKB襲撃事件にショック

2014年05月27日 11時00分

 岩手・滝沢市出身のBJW認定デスマッチヘビー級王者・伊東竜二(38=大日本プロレス)が、地元でAKB48のメンバーが刃物で男に襲われた大事件に心を痛めている。現場は実家から自転車で30分、走って1時間の距離。卒業した滝沢二中もすぐ近くだ。

「よりによって地元であんな大事件が起こるとは…。俺たちはプロレスというルールの中で正しく凶器を使っている。イベントの関係者は危険物の持ち込みにより注意を払っていただきたい」と、凶器のスペシャリストらしく真顔で訴えた。