期待外れだったモグラ男に浅野社長が三くだり半

2014年05月20日 16時00分

ガックリとうなだれるモグラ男(中)

 IWAの旗揚げ20周年記念大会(18日、新宿フェイス)で行われた新UMA・足立区のモグラ男(♂)のデビュー戦は、とんだ期待外れに終わった。

 

 悲しき中年・井上雅央に酷似したモグラ男は、パートナーの新作・河童小僧、セコンドのハル・ミヤコに無理やり連れられリングイン。DDTのKUDO、マサ高梨組と対戦した。なかばハルの奴隷のようなモグラ男は開始早々にリング下に潜るなど、無気力ぶりが目に余る。心なしか井上の得意技を繰り出したかのようにも見えたが、とりたてて目立ったダメージは与えられず。KUDOにピコピコハンマーで“モグラたたきの刑”に処されると、ダイビングダブルニードロップに沈められた。

 

 少ない期待を見事に裏切ったモグラ男はトボトボと足立区へ帰宅。記念すべき20周年に泥を塗られたIWA浅野起州社長は「まああんなもんでしょう。明日からまたハローワークにでも通いなさ~い」と、血も涙もないセリフで三くだり半を突きつけた。

 

 またノアの小峠篤司は杏仁師範を撃破。浅野社長との養子縁組から何とか逃れた。