KENTAとWWEすでに接触?参戦なら即戦力に

2014年05月19日 20時00分

KENTAのラストマッチは、ファンから大量の紙テープが飛んだ

 ノアでのラストマッチを終えたKENTA(33)は、本紙の直撃にも最後まで「WWE」という言葉は出ないままだった。「飲食業に転じるかもしれない(笑い)」と本人は冗談めかしたものの、関係者の言葉を総合すると、すでにWWEサイドはKENTAと間接的に最終交渉を済ませている模様。ビザの問題さえ解決すれば、すぐにも正式入団会見が行われる見込みだ。

 

 早ければ5月中に正式発表が行われた後、6月にも渡米する可能性がある。参戦が実現した際には、最大ライバルとなる元ノアの常連外国人選手だったWWE世界ヘビー級王者のダニエル・ブライアンが、日本時間16日に首の手術を受けたばかり。WWE内部としてもKENTAに即戦力として期待をかけているという見方もある。