【ストロングスタイル】初代タイガー WWE挑戦のSareeeにエール「絶対成功する」

2021年01月22日 11時30分

初代タイガー(左)はSareeeを激励した

 長らく原因不明の病で闘病中の初代タイガーマスク(63=佐山聡)が復活のリングを見据えた。4月22日に東京・後楽園ホールで自身のデビュー40周年記念大会の開催が決まり「何らかの形でリングに上がりたい。体の調子は非常に良くなってきている」と語った。

〝過激な仕掛け人〟新間寿会長(85)も「あっという間の40周年。足跡を残すことでそれに関係した多くの人にも喜びを生むことができるのがタイガーマスク。まだまだ一緒になって足跡を残したい」と期待をかけた。

 また初代タイガーは、WWE挑戦に向けて渡米する女子プロレスラーのSareee(24)に対し「初めてマジソンスクエア・ガーデンに行った時は足が震えたけど、リングに上がってしまえば関係なかった。一つひとつの試合を思い出に残すよう頑張ってください」とした上で「絶対成功すると思う。10年前に平井さん(丈雅代表)と合コンやった時、全員〝お持ち帰り〟された。そんな(平井代表のような)気概を持つことができれば何でもできる」とジョークを交えてエールを送った。

 自身が得意とし、Sareeeも使用するローリングソバットについても「遠心力で蹴るもの、下から突き上げるものなどある。間合いも大事だけど、Sareeeさんほどのレスラーのセンスなら把握できていると思う。足はロバが蹴るような感じで」と助言。レジェンドから〝金言〟を授かったSareeeは「動画で勉強します。一生懸命、頑張ってきます」と誓い、決意を新たにした。