GHCタッグ王座に挑戦していた“スイスの英雄”セザロ

2014年05月06日 16時04分

数年前までノアを主戦場としていたセザロ。今年の注目株だ

【プロレスお宝写真館:WWEスーパースターの日本での下積み時代(5)】「レッスルマニア30」でホストを務めたハルク・ホーガンの呼びかけで開催された「アンドレ・ザ・ジャイアント・メモリアル・バトルロイヤル」で優勝。直後にポール・ヘイマンと手を組み、今年最大の注目株となった“スイスの英雄”セザロは、ROH時代に丸藤正道、佐々木健介、飯伏幸太ら数多くの日本人選手と対戦している。

「クラウディオ・カスタニョーリ」のリングネームでノアにも参戦し、2010年12月5日の日本武道館大会では、クリス・ヒーローとのタッグで佐野巧真&髙山善廣が保持するGHCタッグ王座にも挑戦している。