丸藤デブ専だった?ダンプとまさかの意気投合

2014年04月26日 16時00分

ダンプ(左)のキスにVサインで応じる丸藤

 天才児と極悪女王という世にも奇妙なカップルが誕生した。ノアの丸藤正道(34)とダンプ松本(53)が、CM撮影で初遭遇。すっかり意気投合し、コンビ結成を公約してしまった。

 

 本気なのか…。2人が共演するのは、これまでプロレスラーが多数出演している不動産仲介会社「ザ・リーヴ」のCM。なぜかIWAジャパンの浅野起州社長が新宿2丁目で経営するバー「ブルータス」で撮影が行われ、丸藤はダンプにお姫様だっこをされた揚げ句、熱いキスまで浴びせられた。

 

 いくら撮影とはいえ、耐えがたい行為のように思われたが、本人は「ダンプさんには優しさ、ぬくもりがあり、ドキドキした」とまんざらでもないどころか、喜々とした表情。ダンプの「次はリングの上で私を襲って~」という恐ろしい予告に対しても、大歓迎の意を示してしまった。

 

 この日の撮影には石森太二、小峠篤司も参加したが、丸藤は「ダンプさんと組んで、石森、小峠組とやりましょう。何かの時、本当にお願いしたい」と真剣そのもので“デブ専疑惑”まで浮上。とにかく、ダンプは「勝負パンツはいていくから。ウッフン」とシナをつくり、すっかりその気だった。