ロック、ストーンコールド、ホーガンが夢の共演

2014年04月08日 16時00分

<WWE6日(日本時間7日)レッスルマニア30>約7年ぶりにWWEに復帰したホーガンは試合前、サプライズで登場した90年代末期から2000年代初期のスーパースター、ストーンコールドとロックと缶ビールで乾杯。トーク中、会場名を間違えたホーガンをストーンコールドとロックがいじりまくり場内の笑いを誘った。

 

 そんなホーガンの呼びかけで実施された、最大のライバル“大巨人”アンドレ・ザ・ジャイアント・メモリアル・バトルロイヤル(30選手参加)は、さすがにリングが超満員のスシ詰め状態に。

 

 下馬評通り、次々と他選手を倒しまくった現代の大巨人・ビッグショーだったが、最後に残った“スイスの英雄”セザロに担ぎ上げられ、トップロープ越えのニュートライザー(変型顔面潰し)で場外に転落し、まさかの敗北。ビッグショーと握手を交わしたセザロは、大巨人アンドレを模した巨大トロフィーにキスして勝利を祝った。