【AWG】本間&尾崎 V候補・高瀬&梅咲を撃破! 初代タッグ王者決定T1回戦

2020年11月24日 22時46分

合体攻撃で高瀬にミサイルキックを放つ本間多恵(上)

 女子プロレス「アクトレスガールズ」のAWGタッグ王者決定トーナメント1回戦(24日、東京・後楽園ホール)で、「スパイスアップ」の本間多恵(34)、尾崎妹加(29)組が、優勝候補の「ルミナス」高瀬みゆき、梅咲遥(19)組を撃破した。

 高瀬と梅咲は「ディアナ」のWWWD世界タッグ王座を保持し、さらに高瀬はAWGシングル王座も持つ強豪コンビ。序盤は本間が高瀬とスピーディーな攻防を繰り広げたが、次第にルミナスのペースになった。

 それでも尾崎に担ぎ上げられた高瀬に、本間がミサイルキックを命中。最後は本間が飛びつき腕ひしぎ十字固めで梅咲をタップさせた。

 試合後、本間は「初代タッグ王者になります。初代にこだわっているんですよ。でも初戦がルミナスだったので怖かった。優勝したら絶対に(新聞や雑誌の)表紙にしてください!」と訴え涙を流した。

 2回戦の日程は団体のホームページやツイッターで告知予定で、抽選でシード権が1チームに与えられることが発表された。「『全部勝って』とかっこよくいきたいけど、シードも確保したい」と本間。この勢いで一気にタッグの頂点を狙う。