【リアルジャパン】S・タイガーが佐藤耕平粉砕 12・17レジェンド王者・藤田和之に挑戦要求

2020年11月09日 21時52分

耕平をフロントネックチャンスリーで投げるS・タイガー(左)

 初代タイガーマスク(62=佐山聡)が主宰するリアルジャパンプロレス「ストロングスタイルプロレスVol.7」(9日、東京・神田明神ホール)で、スーパー・タイガーがレジェンド王座を保持する〝野獣〟藤田和之(50)に挑戦状を叩きつけた。

 佐藤耕平(43)とのシングル戦は、序盤から互いの意地がぶつかり合う、バチバチの打撃戦となった。耕平のエルボーでダウンし、マットに突き刺すパイルドライバーでピンチに陥る場面もあったが、最後は胴締めチキンウイングフェースロックでタップを奪った。

 試合後はマイクを握り「佐藤耕平選手とはこれまで1勝1敗で、厳しいストロングスタイルのレスラー。男の中の男を倒した以上、戦いを挑まないといけない相手がいる。藤田和之! 12月、後楽園ホールで必ずぶっ倒す!」と宣言。次回、12月17日の後楽園大会での挑戦を表明した。

 バックステージでは「ここで挑戦を表明しないんだったらレスラーをやめた方がいい」ときっぱり。団体のエースとして至宝奪還へ並々ならない覚悟を見せた。