【リアルジャパン】怒り爆発の世志琥「弁償しろよ!」極悪ZAPの凶器攻撃で前歯欠けた

2020年11月09日 21時45分

試合後にZAP・I(左端)とZAP・T(右端)に襲撃されたSareee(中央左)と世志琥

 初代タイガーマスク(62=佐山聡)が主宰するリアルジャパンプロレスの「ストロングスタイルプロレスVol.7」が9日、東京・神田明神ホールで行われ、米WWE入りが決まっているSareee(24)が初参戦を果たした。

 世志琥(27)とのタッグ「鬼に金棒」で、女子プロ界伝説の極悪コンビ、ZAP・I&ZAP・Tと対戦。ゴング前から奇襲を仕掛けたSareee組だったが、すぐに竹刀、チェーンで返り討ちにあってしまう。

 その後も要所での凶器攻撃に大苦戦するが、最後は世志琥のセントーンのアシストを受け、ZAP・Iに見事なジャーマンスープレックスホールドを決めて3カウントを奪った。

 だが、試合後も大荒れの極悪コンビから世志琥がガムテープでぐるぐる巻きにされ、Sareeeは竹刀でボコボコに。バックステージでのコメント中にも急襲され、チェーンで滅多打ちにされた。

 これにはSareeeも「すげえむかつくんだけど。うちら勝ってんじゃん」と納得がいかない様子。凶器攻撃により前歯が欠けてしまった世志琥も「あいつらはもう顔じゃねえんだよ。こっちは歯、欠けてんだよ。弁償しろよ!」と怒りを爆発させながら控室に消えた。