【東京女子】Sareee「めちゃくちゃいい選手いる!」初激突した山下実優との再戦熱望

2020年11月07日 19時45分

リング下から山下(左)を見上げるSareee(右)

 7日の東京女子プロレス・東京ドームシティホール(TDC)大会で、WWE入りが決まっているSareee(24)がタッグ戦で同団体のエース・山下実優(25)と初対戦。ともにシングルでの再戦を熱望した。

 Sareeeは伊藤麻希(25)と組み、アジャ・コング(50)と組んだ山下と対戦。山下のハイキックなど鋭い蹴り技をもろに食らうピンチもあっただが、ソバットや重いエルボーで反撃するなど、相対する時間は限られていたものの存分にやりあった。

 試合は伊藤が山下のクラッシュ・ラビットヒートをもろに食らい敗れたが、試合後のSareeeは「こんな大きい会場でやるのは初めてですごい刺激になりました」と充実の表情。さらに伊藤との対戦を希望するとともに「山下選手とは初めてで東京女子のエースというイメージで戦ったんですけど『ここにもめちゃくちゃいい選手がいるじゃん』と思って。また戦いたいと思いました」と笑顔を見せた。

 一方の山下も「まさか戦えると思っていなかった。しっかり戦いを感じた。自分の中でまだまだ。次戦える機会があればシングルでやりたい」。2人が再び相まみえる日は、果たして…。