「細い」この体だからこそできること

2014年02月19日 16時00分

【リレーエッセー:格闘技女子会】Vol.57:赤井沙希

 

 おはこんばんちは~☆ 先日の後楽園大会(1・26)で世Ⅳ虎選手にフォール取られて、デビューしてから初めて負けてしまいました…。パートナーのまこりん先輩(大石真翔)にも申し訳ないし、自分のふがいなさに、しばらく凹んで引きずってたんですが…次や!次~!! このままでは絶対終わらへん~>_<! ここからがほんまのスタートやと思ってます!

 

 今日はスタイルのお話をしようと思います! うちの試合を見てて体が細いとか技を受けられるのか心配との声が聞こえますが…。日々練習をしてるのでなんとか持ちこたえています!

 

 実は私はめっちゃ食いしん坊で、モデルをメーンに活動してたころは毎日「やせなさい」と言われたほど太りやすいんです。ダイエットのため始めたボクシングもミット打ちで筋肉がつきすぎて、仕事に支障が出てしまうのでやめたほど体が大っきくなってしまいやすいのです。プロレスをやるにあたって体を大きくした方がダメージも少なく、技のレパートリーも増えるんだろうなぁと思います。

 

 しかし!! 今までのプロレス界にいた人と同じことをやっても、私にとっては意味がないのです! うちの目的は、プロレスを今まで見たことも興味も持ったことがない人にも目を向けてもらうこと! プロレスを対世間に発信したいんです! 古いものを守っていきながら、新しいものを作っていくには、今までの価値観から少し外れることもしないといけない!

 

「細い」って思われても、その代わりこの体だからこそできることもあると信じてます。自分の持っている長身や細さや手足を生かした自分色の技を研究して、魅せる選手になりたい! もちろんそのためには経験を積んでもっとレベルを上げて進んでいかなくちゃいけない! ケガしないだけの筋肉をつけるトレーニングはしてます! もっともっとリングに立ってお客様に見られて美しくなりたい!! 目指せ! 日本一のディーバ☆