【マーベラス】彩羽匠 右膝全治10か月の重症で長期欠場へ

2020年10月27日 22時08分

彩羽匠

 女子プロレス「マーベラス」は27日、所属の彩羽匠(27)がヒザの負傷で長期欠場すると発表した。

 26日の東京・新木場大会で負傷したもので、診断結果は「右膝膝前十字靱帯損傷」「右膝内側側副靱帯損傷」「右膝外側半月板損傷」だった。

「関節鏡視下十字靱帯再建術」「関節鏡視下半月板縫合術」を受ける予定で、全治10か月程度の見込みだという。

 マーベラスは「長期の休場となり多大なるご迷惑とご心配をおかけ致しますが、しっかりと手術とリハビリを受けさせ、これまで以上の彩羽匠としてリング復帰を目指せるよう精進努力させて参ります」とした。