【GLEAT・旗揚げ戦】ジョシュ・バーネットが参戦表明! 来年は年4回スピンオフ興行も

2020年10月15日 22時23分

試合開始前、リングで渡辺壮馬とのスパーリングを披露した田村潔司

「リデットエンターテインメント社」による新団体「GLEAT(グレイト)」の旗揚げ戦が(15日、東京・後楽園ホールで行われ、全6試合行われ612人を集める上々の滑り出しを見せた。

 これにリデット社の鈴木裕之社長(50)は「正直感無量というか。この時代に本当にできるかギリギリまで不安だったが、開催できて本当に良かったです」と安どの表情。今後については来年7月1日の「GLEAT ver.1」(東京・TDCホール)開催を発表し、大型ビジョンでジョシュ・バーネット(42)が参戦を表明したが、それに加えて「来年はスピンオフ的な大会を行いたいと思っています」と明かした。

 具体的には田村を中心にしたUWFルールに特化した大会のほか「カズ・ハヤシ選手に中心になってもらって『GLEAT ワンダーランド』とかをやってもいいと思います」と、エンターテイメント性の高い大会の開催も視野に入れる。来年はそうした大会を4回程度行うことを目指すといい「将来的には毎月1回(スピンオフ)興行をして、年に1回ナンバーの付く大きな大会を開催する形を目指したい」とした。

 また、松井大二郎の入団も発表。様々な可能性を秘めた新団体の行方はどうなるか、注目したい。