紫雷イオが引退表明の夏樹破りV5

2014年01月27日 16時00分

夏樹(下)にムーンサルトフットスタンプを見舞うイオ

 スターダム26日の後楽園大会で、ワールド・オブ・スターダム王者の紫雷イオ(23)が夏樹☆たいよう(29)の挑戦を退け5度目の防衛に成功した。

 

 ハイスピード王座を保持する夏樹との王者対決は、攻守が目まぐるしく入れ替わる大接戦となった。夏樹が三角飛び式月面水爆アタックを決めれば、イオもトペ・スイシーダ、ケブラーダを発射し一歩も引かない。

 

 試合が動いたのは15分過ぎだ。挑戦者の「たいようちゃん☆ボム」を耐え抜いたイオは、張り手合戦からのヘッドバットで攻勢に出る。全体重を乗せたムーンサルトフットスタンプを炸裂させると、最後はダルマ式ジャーマンからのレッグロールクラッチで3カウントを奪ってみせた。

 

 挑戦者の思いを全て受け止めた。今年でレスラー生活10周年を迎える夏樹は「区切りをつけさせてもらいたい」として6月1日後楽園大会での現役引退を決意。戦前に意思を伝えられての防衛戦だった。

 

 これにイオは「夏樹さんは偉大な先輩。6月1日、笑って、安心して引退できるか。どこまでそう思ってもらえるかがこれからの私たちの仕事」と奮起。未来の団体を担う王者として、ぶざまな姿は見せられなかった。V5と同時に夏樹からの初勝利を飾った王者は、不動のエースとしてスターダムをけん引し続ける。