合計360キロ!曙と吉江が正式合体

2014年01月27日 16時00分

救出に駆け付けた吉江(右)とがっちりと握手を交わす曙

 全日本プロレス26日の兵庫・神戸サンボーホール大会で、3冠ヘビー級王者・曙(44)と吉江豊(40)による合計体重360キロの超巨漢コンビが正式合体した。

 

 KENSOとの一騎打ちに出撃した曙は、まさかのパウダー攻撃を浴びて不本意な反則勝ち。顔面を真っ白に染められ、視界までふさがれた曙の救出に駆けつけたのが吉江だった。かねて本格的なコンビ結成を熱望していた両者は、がっちりと握手を交わした。

 

 昨夏の分裂騒動で“正妻”だった浜亮太を失った曙には願ったりかなったりだ。曙が「世界タッグを取りにいきましょう。最強の新しいパートナーができた」と絶賛すれば、吉江も「2人で組んだらベルト間違いなし。勝った方に俺らがいきますよ」と呼応。

 

 2・8大阪決戦で行われる世界タッグ戦(王者・諏訪魔、ドーリング組対秋山、大森組)の勝者チームに挑戦することをアピールした。