【シードリング】Sareeeと世志琥まさかのタッグ結成 クッキーで和解

2020年10月11日 15時06分

クッキーで仲直りしたSareee(左)と世志琥

 WWE入りを控える女子プロレスラーのSareee(24)とシードリングの〝最恐スイーツ女子〟こと世志琥(27)のライバルタッグ結成が決定した。

 2人は紙面上やSNSでの舌戦の末、14日と24日にシングル戦で激突。初戦に勝利したのはSareeeで、世志琥に罰ゲームとして自らの顔を模した〝Sareeeちゃんクッキー〟を焼かせた。続く2戦目は世志琥のビヨンドザシーシングル王座をかけて激突してSareeeが敗れ「〝世志琥ちゃんクッキー〟を焼けよ?」と突き付けられていた。

 律儀にもその言いつけを守ったSareeeが世志琥のオリジナルちゃんこの動画撮影に乱入。「こないだの約束のクッキーを作ってきたんだけど、食べてくんない?」と言い出した。

 最初は「タイミング悪すぎだろ」「ほんとに作ったのかよ。買ってきたんじゃねえのか?」といぶかしがっていた世志琥だが、封を開けると自身の顔を模した意外と完成度の高いクッキーにまんざらでもない様子。「ええー。なにこれ。マジで作ったの? うちの顔かよー?」と笑みを浮かべると一口かじって「まあまあだな。うまいうまい。やるじゃねえか」と一気に上機嫌になった。

 するとSareeeは「新木場あるじゃん。タッグ組む人未定でしょ。私入るわ、そこ。私、渡米しちゃうから組みたいと思う。入れて、そこ」と20日の東京・新木場1stRING大会でアジャ・コング(50)、花穂ノ利(20)組と対戦する世志琥のパートナーに名乗りを上げた。宿敵の勝手な要求にさすがの世志琥も反対…かと思いきや「これ着ろよ」と世志琥の顔がプリントされたエプロンをプレゼントだ。これにSareeeが袖を通してまさかの〝和解〟が成立。その後そこに居合わせた高橋奈七永(41)も「タッグ結成? 組めばいいじゃん」と軽い感じでゴーサインを出して新木場大会でのタッグ結成が決まった。