KENTAはV10戦に自信「今年もオレが中心」

2014年01月04日 16時00分

 ノア5日の後楽園大会で森嶋猛(35)とのV10戦に臨むGHCヘビー級王者KENTA(32)が3日、公開調印式に臨んだ。森嶋は昨年1月に同ベルトを奪取した相手。1年間にわたる長期政権で、団体内のヘビー級トップ選手は「一回り」した感がある。KENTAは「正々堂々と2巡目に入らせてもらう」とキッパリ言い切った。

 

 その一方で昨年12月の有明大会で挑戦を退けたばかりの永田裕志からも、通算成績1勝1敗を強調されている。「爪痕って言葉が好きでやたら使ってるみたいだけど、よくも悪くも爪痕あるんでしょう。またやることになるのであれば全然いい」とミスターの再挑戦受諾も視野に、長期的な防衛ロードを見据えた。

 

「今年も俺が中心だということを証明したい」。小橋建太、杉浦貴に続く同王座史上3人目の2桁防衛達成に向け、KENTAは自信をみなぎらせた。