【プロレス大賞】内館特別選考委員「飯伏の将来性を評価」

2013年12月10日 16時00分

内館特別選考委員がMVPに投票した飯伏(上)の変幻自在な空中殺法

【本社制定「2013年度プロレス大賞」内館牧子特別選考委員の総評】私はMVPに飯伏幸太を挙げました。G1の活躍が素晴らしかったことと、スター性が他選手と比べて圧倒的。東スポのMVPは直木賞のようなものだと思っています。これからのプロレス界の屋台骨を支える将来性を評価しました。

 

 ベストバウトは大日本3月の葛西純vs沼澤邪鬼。プロレスの面白さは何でもありで、他の人がまねできないことをやること。常軌を逸した狂気を見せたという点ですね。

 

 殊勲賞は石井智宏。もう破格の存在感で、見ててほれぼれするわね。敢闘賞には内藤哲也を挙げました。棚橋とのG1決勝はベストバウトにしようか最後まで迷いました。

 

 技能賞は矢野通。最優秀タッグも矢野、飯塚高史組にしました。とにかく矢野は評価したい。己の魅せ方を理解していて素晴らしい。テレビドラマで言うところの「視聴率を取れる男」といった感じがします。

 

 新人賞は潜在能力が高く大事に育ててほしい竹下幸之介。女子は10年近くにわたり仙台に力を与え続け、後進を育成、技術をしっかり教えている里村明衣子にしました。(脚本家)