元ノアの力皇が奈良・天理にラーメン店オープン

2013年12月05日 16時00分

ラーメン店「麺場 力皇」をオープンした力皇。囲み写真はボリュームたっぷりの力皇ラーメン
ラーメン店「麺場 力皇」をオープンした力皇。囲み写真はボリュームたっぷりの力皇ラーメン

 元大相撲力士からプロレスリング・ノアで活躍した力皇猛(40)が5日、奈良・天理市でラーメン店「麺場 力皇」をオープンした。

 

 力皇は大相撲で幕内(最高位4枚目)まで進んだ後に1997年に引退。99年に全日本プロレスに入門した。その後はノアの主軸選手となり、GHCヘビー級、タッグ王者にも輝いた。11年に重度の頸椎ヘルニアのため引退。

 

 ラーメン店を開店した経緯について「長年の友達でラーメンの師匠に当たる人が『おまえは絶対ラーメン屋やった方がいい』と熱心に誘ってくれた。もともとラーメンが大好きで、相撲を引退した時にラーメン屋になることを真剣に考えていたくらいなので、今回挑戦することにした」と説明した。

 

 昨年末から燕三条ラーメンの人気店として有名な新潟・燕市のラーメン店「潤 燕総本店」に弟子入りしてラーメン修業を続けた。「すべてのラーメンに入っている鶏ダンゴが売り。力士時代に食べていたチャンコのつくねが大好きだったのでぜひ入れたかった。おススメのメニューは、チャーシューや煮玉子などトッピングが全部乗せの『極力皇らーめん』です」とアピールした。

 

 プロレス時代から料理の腕には定評があった力皇だけに、味の方は間違いなし。怪力無双の作るラーメンを味わうために、一度足を運んでみる価値はありそうだ。

 

「麺場 力皇」は奈良県天理市別所町81―8 通眞ヨシエビル1階。最寄り駅はJR桜井線と近鉄天理線の天理駅。

 

ピックアップ