貴闘力じゃなかった…新虎仮面は謎の2メートル巨人

2013年11月09日 16時00分

2メートル級の謎のマスクマン(左)を連れてきた初代

 貴闘力は落選!? リアルジャパンの初代タイガーマスク(55)は7日、12・12後楽園ホール大会でデビューする新マスクマン「グレート・タイガー」を初披露した。

 

 同団体4人目となる虎戦士にはグレートのほかにタイガー・リキ、タカトウマン、マスク・オブ・ドラゴの計4人が候補に挙がっていた。元関脇貴闘力の鎌苅忠茂氏(46)の登場が期待されたが、初代タイガーが引き連れてきたのは2メートル以上はあろうかという大男。181センチの鎌苅氏とは明らかに違った。

 

 初代タイガーは「アンデスの虎の穴から連れてきた。しゃべるとバレるんで、言葉は一切話さない。国籍も不明」とけむに巻き、グレートは無言でファイティングポーズを取るのみ。ただ、唯一露出された両手は褐色で、黒人である可能性が高い。デビュー戦の相手は未定だが、一騎打ちで対戦するという。

 

 とにかく、初代タイガーが「厳選された人間。打撃も関節技もすべてができる最終兵器です。これからのプロレスを担う」と豪語する新たな虎戦士から目が離せない。