ドラゴン藤波辰爾と格闘王・前田日明氏が日本酒フェスで強力タッグ

2020年07月09日 15時00分

会見でご機嫌の藤波(右)と前田氏

 日本酒のフェスティバル「TOKYO SAKE FESTIVAL 2020」(8月11~16日、東京・新宿住友ビル三角広場)の記者発表が9日、都内で行われ、プロレス界からは藤波辰爾(66=ドラディション)と格闘王・前田日明氏(61)が出席した。

 同イベントは、これまで以上に日本酒を世界に広めるため、ゲームやアニメ、コスプレイヤーなどとコラボし、飲んで歌って踊れるという、既存の酒フェスとは違った、より楽しいコンセプトで開催。銘柄酒蔵51蔵が全国から集まり、入場チケットで10種が試飲できるという。

 様々なイベントが行われる中、藤波と前田氏は、飲食店ブース「アマビエ屋台村飲食店支援プロジェクト」に参加し、日本酒文化大使として藤波が屋台村の応援団長、前田氏が村長に就任。藤波は、伽織夫人が展開する食ブランド「藤波家の食卓」、前田氏は「デリシャスタコス」を屋台で提供する。

 藤波は「見るからにお酒の強そうな前田村長がいるので頼もしい。僕は食べるのも飲むのも好きなので本当に楽しみ」と笑顔であいさつ。前田氏は「日本酒は今や世界で品質の良さが評価されている。この酒フェスティバルで銘酒と人との出会いを通じて、また発展できれば」と話した。