スターダム入門テストに15歳の“女子版オカダ・カズチカ”

2013年10月19日 16時00分

プロテストをクリアした(左)から真綾、コグマ、明日香、ゆうな

 スターダムの公開入門テストが18日に行われ、4人の5期生が誕生した。

 

 テストにはコグマ(15)、ゆうな(25)、明日香(24)、真綾(11)が参加。4人はいずれも本名非公開のため、さながら源氏名のようだが、基礎体力やスパーリングの各項目をこなした。ゆうなと明日香はデビューまでの相当の練習を要する「仮合格」という形となったが、晴れて4人全員が5期生として仲間入りした。

 

 中でも注目は15歳のコグマだ。中学を卒業したばかりの今年4月に福岡県から上京し入寮。中2の時に深夜テレビでプロレスを初めて見て「プロレスラーになることしか考えていなかった」と、高校に進学せずにプロレス界入りした“女子版オカダ・カズチカ”だ。

 

 中学では帰宅部でスポーツ歴はないものの、スパーリングの寝技ではセンスあふれる動きを見せた。首脳陣の評価も抜群に高く、特例的措置で11・4後楽園大会での超高速デビューが決定した。

 

 コグマは「好きなレスラーは鈴木みのるさん。興味を持ってもらえるレスラーになりたいです」。その名のとおり150センチと小柄だが、無限の可能性を秘めている。