高山善廣の妻がリハビリ報告「動物園のクマちゃんのように、気持ちよさそう」

2020年06月20日 18時39分

高山善廣

 頸椎完全損傷で治療中のプロレスラー・高山善廣(53)の妻が20日、高山の公式ブログを更新して近況を報告した。

 最近はバランスボールを使ったリハビリを行っているそうで「座った体勢で、背中に当てたバランスボールにもたれかかる」動作が「本人は久しぶりに上を向いて背中をそらすことができて、気持ちよさそうです」という。

 バランスボールといえば、以前、帰宅してから「今日、バランスボールが爆発しちゃってさー」と報告されたことがあったとか。ボールの上に背中から倒れて起き上がるというトレーニングをしていた際、割れてしまったというのだ。

 妻によると「あの頃、高山はバランスボールがお気に入りで、ボールの上に立って、スクワットまでやってました」とのことで「プロレスより、サーカスに行くべきだったかも? 大きなクマちゃんの代わりに、大きな高山がボールに乗ってる方がオモシロそうな気がします」と130キロの巨体で身軽な動きを見せていたことを明かした。

 そして「バランスボールに寄っかかって、動物園のクマちゃんのように、気持ちよさそうに目を閉じている高山を見ていたら、そんなこともあったなーと思い出しました」と振り返った。