組長との対戦条件「外国人100人の署名」

2013年09月14日 16時00分

藤原組長(右)に対戦を直訴するヤンキー・ライオン

 WNCのヤンキー・ライオン(32)が13日、藤原喜明(64)から対戦条件を課せられた。

 

 今年2月にデビューしたオーストラリア出身のライオンは、空手などをバックボーンに打撃・関節技を得意としている。藤原を「シュートスタイルマスター」とあがめ、10・31後楽園大会での対戦を要求していた。

 

 実現に向けライオンはこの日、TAJIRIとともに藤原の元を訪問。だが、藤原から「外国人の署名100人を集めること」という対戦の条件を提示された。ライオンは「アテはないけど、後楽園の1週間までに集められるよう頑張りマース」と日本語で約束した。