【東スポ創刊60周年】天龍源一郎「競馬予想のレギュラーの話はまだこないのか、コノヤロー」

2020年04月01日 18時45分

天龍源一郎

【東スポ創刊60周年!各界から祝福メッセージ】元プロレスラー・天龍源一郎(70)

 60周年、心からお祝い申し上げます。思えば僕が大相撲に入った1963年、もう東スポは部屋に置いてあり、翌日一番最後に読みふけったのを覚えています。その後は数え切れないほど1面で取り上げてもらい、(東京スポーツ新聞社制定)プロレス大賞でもMVP4回、ベストバウトは引退試合(2015年11月)を含め実に9回もいただきました。今でも心の誇りです。ジャンボ鶴田選手との最後の3冠戦からちょうど30年、引退してから5年と節目が御社と重なるのも深い運命を感じます。

 引退の年は、決意表明から最後の試合までを徹底的に報じてもらいました。現在でも対談連載を続けさせていただいてます。これからもプロレスラーにとって最大の理解者であり続けてほしい。同時に東スポさんがプロレスに寄り添い続けてくださることにおごることなく、感謝の心を持ち続けていきたいと思います。ところで競馬予想のレギュラーの話はまだこないのか、コノヤロー。